いにしえのまち更新情報

2012年2月21日火曜日

【舞台探訪】ゆるゆりの舞台・小湊鉄道上総牛久駅に行って来た。[act,1]


2月18日(土)にパワフル×スマイルちばフリーパスを利用して千葉に乗り鉄に行ってきました。このパスは、JR以外の私鉄も利用できるのが大きな特徴で、運賃が高い小湊鐵道にも乗ることができるわけでして、工程に組み込んでゆるゆり@上総牛久駅(第4話)のカットを回収してきました。

舞台探訪・聖地巡礼の際は・・・・


◆作品の舞台を荒らさないようにお願いします。
◆現地の方々とは友好な関係を築いて行きましょう
◆観光地以外の舞台に関しては、さらに注意が必要です。
→舞台が住宅地である場合は、個人の家を撮影するなど、プライバシーを侵害する行為などは絶対にやめて下さい。
◆学校などの施設への立ち入りに関して
→外部に一般公開されている場合を除いて、小・中・高校内に立ち入るのは絶対にやめて下さい。


◯小湊鐵道・上総牛久駅◯



上総牛久駅正面。列車が到着した直後はバスが待機しているので、少し待ってから撮影開始とするのが良いでしょう~




バス停・駅舎を合わせようとしても上手くいきませんので、適当に撮影してみました。




ポスターが貼っているのかと思ったら、事務所の窓になっているようです。当然のことながら机なんてありませんよw



自販機と立て看板の位置はなんとなくあっているような気がするも七夕ではないので、笹の葉飾りはない。実際にはどうなんだろうか?と気になるところですなw



駅舎のカットはそれなりに一致しているような・・・・・



駅舎以外はこの時間(夕方)逆光になってしまうので、注意が必要です。TLでも同じようなこと言われましたしww



屋根もそれなりの再現度でした。





駅前のビルも配置も本編と同様。しかし、なぜこの駅が選ばれたのかということを考えると少し疑問かもしれませんな。巡礼者泣かせでしかない、千葉の内陸部です。しかしながら、アクアラインを運行する高速バスなどは、この駅で乗り換え・接続になっていることが多いので都内からは簡単に行けそうな気がします。小湊鐵道バスのアクアライン経由のバスは正直、横浜方面から電車を乗り継ぐより時間もかなり短縮されます。私の場合、ここまで1500円払えば行くこともできますが、千葉まで来てこれで帰ることなんて、正直勿体無いので、色々な事象が揃った今回、無事にカット回収することができて良かったです。他にも小湊鐵道・いすみ鉄道や久留里線の乗り鉄もいましたので、その辺は追々紹介していきます。

おまけとしまして・・・・



一昨年の8月末に長浜のゆるゆり第8話で登場した長浜図書館カットもここで公開します。内装は異なるといういつものパターンなのですが、この作品の背景の使われ方は本当に探訪者泣かせであることを実感させられますね。

【注意】一部の画像を比較研究目的により引用しています。作品の著作権(画像も含む)は「(C)七森中ごらく部」 にすべて帰属します。