いにしえのまち更新情報

2012年6月25日月曜日

【聖地巡礼】夏色キセキ@旧澤村邸の交流スペース



1ヶ月ぶりの下田に行って来ました。カット回収量が増えてしまったので、ここで行かなとまずいと判断し、日曜日に知合いの方と一緒に足を伸ばしました。一ヶ月以上が経ち、ペリーロード近くの旧澤村邸に夏色キセキの交流スペースがあるとのことでさっそく行ってみました。

どこの聖地と呼ばれるところでも、放送していればそれなりに人もいるようが感じなのですが、ファン・巡礼者の動きはやはり鈍いようです。巡礼ノートは巡礼者の人数把握を見るには指標となりますが、それほどページが進んでいるとは思えない状況でした。それに、ファンの交流スペースなのに、一般の観光客が方が多いのは、観光地である下田ゆえの宿命なのでしょうか?GWに行った氷菓高山も、そんな感じというかそれ以上に氷菓という作品が浮いていた印象でした。観光地の場合は、観光コンテンツの1つとしてアニメを受け入れる傾向があるようですが、これでは、ファンが望むような展開は期待できないです。どちらかというと、地方のシャッター街にアニメの舞台となり聖地化していれば、それなりに地元の人は必死なってアニメを使った地域振興に取り組む傾向があるので、そっちの方が期待できてしまうのが現状ですね。

そんな意味では、なつまち@小諸ではそれなりの成果が上がっているようですね。


◇あの夏で待ってる@小諸ついて




良い感じで、小諸も起動に乗ってきたと考えられるのはないかと思います。正直、3月の時点ではどうなってしまうんだろうかと思っていましたが、 作品・ファンの後押しで色糸で出来ているようです。そういえば、声優イベントもやるようですね。

そうそう、8月19日(日)には、あの木崎湖でもw

おねてぃ@木崎湖、巡礼系では限りなく元祖に近いコンテンツであり、私も舞台探訪として始めるきっかけとなった作品でもあります。そんな意味では、それと連携可能である、なつまちはかなり恵まれているのではないかと考えられます。舞台探訪まとめWikiでも、それなりのPVを記録したので、その考え方は正しいのはないと思うところです。
観光コンテンツとしては、なつまち以外は、見た感じ頭打ちな気もしますがので、この機会に地域をたくさんのファン・巡礼者に知ってもらうのが良いかと思います。
私自身は、夏色キセキでどの程度のファン・巡礼者が下田に行くのか大変、気になるところです。夏休みシーズンに向けて舞台探訪まとめWikiを中心としたサイト運営もそれなりに特化していくことを画策中なので、お楽しみに。







余談ですが、下田公園のあじさいが満開ですたねwあじさい祭り開催中に開国広場に行ってみたら、女子中学生ののど自慢大会ではなく、男性バンドによる、演奏会をやっていましたwもちろん、第7話のカット回収なんてできたものではなかったので、再度、再び下田に行くのは確定のようですw