いにしえのまち更新情報

2012年7月19日木曜日

たまゆら・桜田麻音の実家のモデルの一つ、大崎下島・なごみ亭。


麻音の実家については、大崎下島御手洗地区の御手洗七卿落遺跡と、船宿のどか亭を混合させた設定となっているのですが、船宿のどか亭については、昼食を取ることができるので、泊まらくても中に入ることができます。

ここで毎回食べるのは、あなご飯です。
夏場の観光シーズということもあり、いつもは2階で食べて、 麻音父と談笑した部屋のモデルと思われる部屋を撮影するのですが今回は、そんな余裕がありませんでした。


ちなみに、部屋はこんな感じとなっています。
テレビとかは正しくここであることがわかると思われます。この船宿なごみ亭では、平日を中心にたまたまゆらプランなるものを提供していただいているようで、大崎下島で唯一、たまゆらを押していただいている場所でもあります。


そして、これが、あなご飯です。
1400円と高めな設定ですが、美味しくいただくことができますね。
昨年の大晦日に行って時より、うどん系のメニューが増えていましたので、今度はそちらに挑戦してみたいと思います。


朝取れ御膳も、未だに健在でしたが、営業時間ギリギリのために、売り切れでした。
これは、昨年の10月に、いった時の撮影したものです。


そうそう、石の太鼓橋のカット、夏の雰囲気を出し始めていましたね。
でも、夏は暑いので次は10月にいった時にまたゆっくりしたいと思います。

【注意】 一部の画像を比較研究目的により引用しています。作品の著作権(画像も含む)は「(C)佐藤順一・TYA/たまゆら製作委員会」 にすべて帰属します。