いにしえのまち更新情報

2012年7月20日金曜日

【聖地巡礼】たまゆら~hitotose~・第11話、大崎下島・乙女座カット紹介+島の風景



さて、大崎下島では、たまゆら~hitotose~第11話の大崎下島カットのうち、大晦日に乙女座が休館していたので、再度行く事が決まったいたのですが、この度、仲間内の集まりで竹原に行く事になり、大崎下島にも足を運びました。


第4話で登場した時とは異なり、ステージ裏のカットが登場しているので、再度行く事になったのですが、昨年の12月30日はすでに休館しており、中に入ることが出来ずに、終わり、今回のチャンスを逃しませんでした。


そういえば、今回は、ここ以外、外観を撮影してなったことに気づくが、憧憬の路の時にもう一度ぐらい大崎下島に行くと思われるのでよしとしようかと思っている。

これが、入口付近。
ここも、第12話が初登場ですね。



客席付近も、印象に残ったので、再度撮影。

さて、原稿も最後まで完成してない状態で、本番を迎えてしまった麻音。
ステージ裏で緊張は頂点へ。
配置が違うのは、仕方ない。


それらしく撮影してみましたが、写真はやっぱり難しいですね。
ここのような微妙な暗い場所とかは・・・・

続いて、大崎下島で撮影した写真を紹介します。
舞台探訪的な同アングル撮影ではなく、適当に撮影してみました。
街並み保存センターにあり、電話。
これは、第4話で、かおたんが電話をしている写真カットととして登場。


ぽって一行が、町並み保存地区を歩いているカット。
コウが、先頭で一行を仕切っていましたね。


続いて、のりえちゃんがコウを連れ回す、天満宮横のカット。


歴史が見える丘公園の眺めは最高でしたね。
第6話で幼稚園児麻音が登っていましたね。
こういう風景みると、ホットしてきますねw


この展望台には、車で今回行く事にしましたが、この日は快晴でかなり気温も高かったです。
自力で登ってこなくて本当に良かったと思っているところです。
ちなみに、翌日が梅雨明けでした。

石の太鼓橋から千砂子波止を見るカット。

今度は、10月の憧憬の路の時に竹原に行きたいと考えているので、その時に下島まで行けたらいいなと思っています。


◆作品の舞台を荒らさないようにお願いします。
◆現地の方々とは友好な関係を築いて行きましょう
◆観光地以外の舞台に関しては、さらに注意が必要です。

→舞台が住宅地である場合は、個人の家を撮影するなど、プライバシーを侵害する行為などは絶対にやめて下さい。
◆学校などの施設への立ち入りに関して
→外部に一般公開されている場合を除いて、小・中・高校内に立ち入るのは絶対にやめて下さい


【注意】 一部の画像を比較研究目的により引用しています。作品の著作権(画像も含む)は「(C)佐藤順一・TYA/たまゆら製作委員会」 にすべて帰属します。