いにしえのまち更新情報

2012年11月13日火曜日

【聖地巡礼】10年目にしておねてぃ@木崎湖、初の小熊山へ



 もう、9月(9月8日)のことになりますが、青春18きっぷを消化するために、ML信州にておねがい☆ツインズの舞台である、木崎湖へ行ってきました。この時期には、木崎湖で、逢いたい。「おねがい☆ティーチャー&ツインズ」放送&聖地巡礼10周年記念というイベントが行われており、木崎湖の舞台各所にはファンが溢れていました。この作品の影響力は、10年経ってもこんなに続いているなんで、誰も考えてなかったでしょうね。ファンが未だに認知されている場所であり、何度もリピーターが来るということで、版権元と協力してこのようなイベントが行われたと思っています。
 まあ、この時期は、小諸も方の関連性がある「あの夏で待ってる」も放送されていましたので、おねてぃファンには、熱い夏でした。

聖地巡礼ネタにはあまり興味がない僕ですが、あの夏で待ってるの舞台探訪で、今年に入って何回か木崎湖へも足を運んでいますが、この木崎湖イベントの一貫として行われていた、巡礼バスには、大変興味を持ちました。
それは、車でしか行けない小熊山のパラグライダー場に行けるということです。
もともと、公共機関派の僕なのですが、知り合いの方に車で現地にいくということも有っても良いはずですが、実は行ったことがありませんでした。
舞台探訪を始めたきっかけとなっている作品ですが、今まで行ったことがない場所があるなど、恥ずかしいような気もしますが、まあ、機会がなかったということで、今回の巡礼バスを活用することにしたわけです。タクシーとかでもいけるようですが、金額がねw
しかしながら、この巡礼バスは、1000円でガイドブックを購入して、バスに乗り込み、井上喜久子さんの車内アナウンスの元、色々なおねてぃ・おね2の舞台に巡ってくれます。

ゆーぷる木崎湖 → 縁川商店(Yシュップニシ) → 海ノ口駅 → 海ノ口上諏訪神社 → 小熊山パラグライダー場 → 木崎湖キャンプ場 

以上の順番で、舞台をめぐることができます。
車内アナウンスは絶好調な井上喜久子さんのボイスを聞くことが出来、小熊山パラグライダー場にも行ける、まさに僕のような人間には、楽しめる舞台めぐるができる催し物です。沢山、歌ってくれます!

しかしながら、このマイクロバスは、満員状態で走り、周りはヤローばかりっていう凄まじい空間でしたが、それはあまり気にしないことにしました。


天気は快晴というわけには行きませんでしたが、完全な曇でもなく、撮影できるレベルでした。
そんな時にふと思ったのですが、キャプを持っていませんでしたw
バスの隣りに座っていた方に色々と教えてもらうことが出て、大変感謝でした。
今の舞台探訪体制が整う前の作品でもあり、気を抜いていましたねw


ちなみに痛いバスは停車中はこんな感じでした。
これは、どこのポイントでも同じ風景です。
みずほ先生のプラカードが良いですねw


ツアー終了後に縁川商店まで歩いて行き、樺恋の抹茶ミルクっていう名称に心を奪われてしまい、お茶をしていたら、海ノ口駅発の電車に乗り遅れてしまい、バスで知り合った方に信濃大町駅まで乗せてもらいました。舞台においてファン間の交流があるというのが、成熟している聖地であると感じることが出来ました。


そうそう、お昼に食べたものがコレ。
木崎湖園地セット。
おねがい☆ツインズで登場した同公園の遊具をイメージしたプレートらしいです。
ボリューム感があり、美味しく頂きましたw
黒部ダムカレーの方が気になりましたが、期間限定らしく、こっちを優先しました。


その後、信濃大町駅から、リゾートふるさとに乗り長野まで移動しました。
1日の滞在でしたが、久しぶりに木崎湖を満喫することが出来ました。
翌日は小諸に行ったのですが、見に行っただけなので、記事にすることはないと思います。多分!?
この度、久しぶりにブログを更新することにしたのですが、1月クールがアニメが始まるまではブログ更新を続ける予定です。皆さん、よろしくお願いします。