いにしえのまち更新情報

2015年8月26日水曜日

ヤマノススメセカンド・シーズン舞台探訪(聖地巡礼)フィールドガイド(新十 四合目「お母さんと霧ヶ峰」/車山肩〜八島ヶ原湿原〜車山)

~車山山頂より~

ヤマノススメセカンド・シーズン新十四合目「お母さんと霧ヶ峰」の探訪ハイキングをしてきました。
 さすがに、母親を同伴させたわけではありませんが、探訪&登山仲間を引き連れて作中ルートを歩く、「探訪ハイキング」を実施しました。霧ヶ峰のヤマノススメカット回収は、ハイキングをしながらでもコースタイム内で十分対応可能でした。
登山探訪は、基本コースタイムの1.5倍ぐらいが目安になっていますが、ほぼコースタイムで行くことが出来ました。(登山初めて勢がいる場合でも)

<アクセス>
茅野駅・上諏訪駅それぞれよりバスが出ていますが本数が少ないので注意して下さい。

<装備>
ハイキング感覚でしたが、新しい靴とか料理用機材とか持っていった関係でザックになってしまいました。初めて登山の方もいたため水(3L)は少し多めに持って行きましたがあまり使わなくて済みました。

<カット回収場所>
・【1】車山肩駐車場
・【2】ビーナスの丘
・【3】沢渡
・【4】八島ヶ原湿原ヒュッテみさやま付近
・【5】鹿保護区入口(八島ヶ原湿原ヒュッテみさやま側)
・【6】鎌ヶ池キャンプ場跡
・【7】物見岩へ向かう途中(明確な場所は無し)
・【8】物見岩
・【9】蝶々深山少し下
・【12】車山乗越付近
・【13】車山リフト山頂駅・展望台
*探訪ハイキング的には、物見岩と車山山頂で2時間近く滞在してしまったため6時間以上掛かってしまいました。普通に探訪ハイキングだと5時間以内で回収可能だと思われます。詳しくはヤマレコで確認して下さい。


<ヤマレコ情報>



★【1】車山肩・駐車場(9:19)

 作中通りにここからスタートです。但し、朝9時の時点では霧ヶ峰名物の霧でしたのでこの写真は下山後に撮影しました。

★【2】ビーナスの丘(10:21)

 以前は、靴のソールが剥がれてしまい、ここなちゃん状態になってしまいましたので、初めて車山肩〜沢渡〜屋島ヶ原湿原を歩くことになりました。地図にしっかりと雨後は滑りやすいと書いてありましたが、正しくその通りでした。

★【3】沢渡(10:00)

 沢渡のマルタ橋(実際は違う)は、ロッジに行くと途中の山道から少し外れた場所にありました。以前はマルタ橋を見つけたという報告がありましたが、位置的にここがモデルだと思われます。
撮影者:でじぶーさん
奥の道は、今回の発見した場所に一致しているようです。
これは、2つの合成なのでしょうか?

★【4】八島ヶ原湿原ヒュッテみさやま付近(10:33)

 ススキの草原と標札はありましたが、作中だと、この先にある鹿保護用の柵より手間にありました。車山肩を出発してからずっと曇っていましたが、この辺りから徐々に晴れ始めました。

★【5】鹿保護区入口(八島ヶ原湿原ヒュッテみさやま側)/10:39

 そして、鹿保護用の柵?これは、ゲートか。鎌ヶ池キャンプ場跡の先に出口がありますが、昨年はそこだと思っていました。

★【6】鎌ヶ池キャンプ場跡(11:01)

あおい母とひなた父の不倫現場は鎌ヶ池キャンプ場跡の少し先です。この先には、左側に木のポールが立っている場所がもうないです。
ただ、作中のような雰囲気ではないので上手く撮影してそれっぽくするしなないようです。

★【7】物見岩へ登り(11:30)

物見岩に登る道は、このコースで最初の上り坂となります。両サイドはススキ並木なっており、ややつづら折りですが、物見岩に近づくと直線となります。そのため作中カットはそれらしい場所をピックアップして撮影する必要があります。

★【8】物見岩(11:49)*1時間食事タイム

 物見岩に到着しました。ここでお昼ご飯でした。丁度、昼時でしたので、ハブさんクッキング開始です。それにしても、クッキング機材が、重かったですw

 薄めの味に仕上げる予定が案の定、濃いスープパスタが出来てしまいました。しかし、山では少し濃い方がエネルギー補給には良いのでPTメンバーで美味しくいただきました。

昨年の思い出のお弁当とラーメンです。


★【9】蝶々深山少し下(13:44)

 蝶々深山より、少し下ったところに「教えてかえでさん」背景と、車山の方向へ向かうあいひなカットがあります。稜線を合わせながらカットを探して行くと面白いかもしれません。この辺りより青い空を望むことが出来ましたね。

★【10】車山乗越付近(13:58)

木道上に大きな木があるところが作中モデルだと思いますが、木道に合わせるとあまり曲がっていませんでした。昨年も気になって反転してみましたが、しっくり来ませんでした。そのため今回は、奥の山の稜線に合わせてみると意外にも一致しているのだと理解しました。

★【11】車山高原リフト山頂駅・展望台(14:49)
そして、最後の坂を登って車山山頂へ。
 昨年は、シャリバテ状態でしたが、今回普通に上がることが出来ました。
最後の観測所カットは、リフト駅の蓼科山方向にある展望台からのカットのためご注意下さい。

★【12】車山山頂(15:00)

山頂は快晴に近く、青空の下の風景を見ることが出来たので満足です。

昨年は撮影出来なかった風景を写真に収めることが出来ました。

あおい・ひなたもここで谷川岳に登ることを決意するので、次の週に前回は西黒尾根で谷川岳を目指しましたが、ヤマノススメルート(ロープウェイ+天神尾根)で行きたかったのですが、天気が悪いみたいでなんとも言えません。晴れた日で写真を取りに行くのが目的である以上、少し考えています。

車山山頂という木製の柱がなくなっていました。
岩と奥の風景を一致させて記念撮影。
そして、Buffを4枚使ってのPTメンバーで撮影もしました。
*車山山頂→車山肩(16:04)

☆車山高原スキー場スカイプラザ

車山肩の駐車場に戻って来て、車山高原スキー場スカイプラザのヤマノススメコーナーに立ち寄りました。巡礼ノートも書き込みました。

車山高原スキー場スカイプラザの駐車場にご注文はうさぎですか?のチノちゃんの痛車が止まっていました。そういえば、ここは茅野(チノ)市でしたねwwwチノちゃんと茅野市コラボ企画とか本当に見たくなって来ましたw

おまけですが、今日のBuffさんです。


 ハイキング感覚での霧ヶ峰探訪はこれで2回目でしたので普通に熟すことが出来ました。一部には、かえでさんが嘘つきとか、ハイキングではないとか言われましたが、歩きやすい道、安全な道な印象を持ってしまいました。(富士山・谷川岳に比べればwww)
 あと、複数人で探訪して登山、この場合はハイキングかな?はやっぱり楽しいです。
一人でカット回収するのとか別の楽しみ方ありますね。来年も、コースを変更して霧ヶ峰に行ってみたいと思いますが、蓼科山とか登ってみたいという思いがありますねwww
もう、ヤマノススメあまり関係なくなって来ましたが、あおいちゃんたちも原作で頑張っているので私も登山を続けようと思っています。

【注意】当ブログでは、「ヤマノススメセカンドシーズン」の画像を著作権法第32条に定める比較研究を目的に引用しています。なお、作品の著作権(画像も含む)は「(C)しろ/アース・スターエンターテイメント」 にすべて帰属しますのでご注意下さい。