いにしえのまち更新情報

2016年8月3日水曜日

ヤマノススメ舞台探訪トレッキング@富士山御殿場口登山など。


7月9日の昼過ぎに富士山御殿場口駐車場に車を置き富士登山のための準備中??
何故か、お嬢様聖水も勿論もって行きます。
昨年は、日帰りピストンでしたが、今年は御来光ピストンです。
山開きの前日、駐車場で仮眠して出発です(^o^)


新御殿場口の鳥居を通過。
17時スタート!
まずは、次郎坊までのながらかな登りが続きます。


約1時間で次郎坊到達!
ここからが本番!
御殿場口は、登りはここから7合目ろわらじ館までが長いのですが、今回も気合を入れて登山開始です(^o^)


次郎坊までは雨が降っていましたが、晴れたようです(^o^)
雨予報だったのですが、夜は晴れてくれてラッキー*\(^o^)/*


6合目手前で、山頂を望むことができました*\(^o^)/*
しかしながら、ここからは脹脛の激痛との戦いの始まりでした(≧∇≦)
今回はグループ行動でしたが、出発時刻は人それぞれで、後ろからリーダーが行くような感じでした(^o^)
スピードも落ちてしまい、痛みに耐えながら山頂を目指す事にしました*\(^o^)/*


辺りは暗くなり、ヘッドライトの灯りのみで行動中。
もう直ぐ、7合目のわらじ館です(^o^)


高度3000m突破!
御殿場は1400m前後なので、1500m上がったことになります。
痛みはマックスでしたが、わらじ館目標に頑張りました(^o^)


辺りは寝静まっていましたが、わらじ館到着。
少し休憩して、7合目9尺の赤石館に向かいます(^o^)



昨年の富士山御殿場ルートで1番楽だと思っていた、
あるわらじ館から赤石館までが本当に地獄でした(≧∇≦)
赤石館でサーモスのボトルに入れたお湯でカップラーメンを食べましたので
脹脛の痛みはかなり軽減されました(^_-)
これはも、リーダーのアドバイスで本当に感謝して瞬間でした(^o^)


さて、赤石館から八合目〜そして最後の葛折りを登り、山頂へ。
前回もここは本当に辛いところでしたが、なんとか登り切りました(^o^)
尚、脹脛の激痛より体力が低下してしまい何度も転けそうになりましたね!

そして、御殿場の鳥居に到着!
日の出まであと、15分!
もう意識が朦朧としていましたが、剣ヶ峰に目指すことに!


さて、御来光3分前に剣ヶ峰到達です。
大幅に時間オーバーしてしまい、4時20分到着でした。
11時間も行動していた事に驚いていますね。
本当に辛い富士登山になってしまいましたが、御来光を見れた瞬間、嬉しかったです。
この絶景を自分のものだけに出来るのが登山だと改めて思いました(^_-)


オタクやヤマノススメ界隈と一緒では有りませんでしたが、お嬢様聖水を掲げましたね。
まあ、グループの人からは少し引かれましたけどね(^o^)
基本的に気にしないので大丈夫!


buffさんも撮影して貰いました!
流石にドン引きだと思います!
ツイッターでは、沢山のいいね!リツイートの方を頂きありがとうございました(^_-)
今回も励まされました*\(^o^)/*




影富士も、見る事ができましたね。
お鉢は諦めて、山小屋で休憩。


ヤマノススメセカンドシーズン新十一合目「もぉ、やだ!!」
のひなたとここなちゃんが見て富士山山頂カット〜

剣ヶ峰カットのみの回収となりました。
この馬の背が本当に辛かったです。



さてさて、下山開始!
6時過ぎかな?
山頂〜八合目の葛折りから見た静岡側の風景。
ハルチカ、ラブライブ!サンシャイン!、あまんちゅ!の舞台を一緒に見る事が出来るのは富士山からでしか出来ないようですね。


7合目5尺付近。
大分下山して来た感じですが、ここでも絶景を見ながら下山です(^o^)
心配していた、脹脛の痛みも引き、体力も戻ってきたので、下りはいつも通りでした(^_-)


行きは通過した、わらじ館で、休憩とゲーター装着(^_-)
大砂走りに備えます!
わらじ館は山小屋では少し変わったものもが売られているし、小屋の人もフレンドリーため長いしてしまいます。


大砂走りは登りで6時間以上かかってしまったところをわずか1時間半で下るもの。
文字通り走るという感じ。
登って来た登山道を横目に一気に降ります。

7合目からは雲の中を歩くような感じで眺望を見ることができませんでしたが、
奥の方にゴール地点が見える?ぐらいの写真を撮りました。


そして、下山、大石茶屋で名物のかき氷を食べながら、まったりして、
今回の富士登山が終了でした。
本当に辛いゆるふわ登山でした。
一緒に登ったメンバー全員が、最高峰剣ヶ峰に登頂を果たすなど、
良かったことも多かったのですが、昼夜登り続けるのはやっぱり辛いですね。
今度はまったりと、吉田口より登りたいと思っています。


おまけですが、原作「ヤマノススメ」五十五合目「富士山を走ろう」で登場する
富士山御殿場口新五合目の鳥居カット。
下山後に撮影して帰りました。